家庭教師です、人は見かけによりません


by d0hyzq6eu3

<点滴事件>母親「特別視が心地よかった」 被告人質問(毎日新聞)

 入院中の幼い娘3人の点滴に水を混入したとして傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)への被告人質問が14日、京都地裁であった。高木被告は「子供は私の一部。医師らから特別な子供、特別な母親と見られて居心地よかった」と動機を語った。

 高木被告は、献身的な母親を演じるために子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群と診断されており、精神鑑定の際「(自分が同症候群に)当てはまる部分があると思った」と供述。注入当時の心情については「罪の意識はとても小さかった。(注射器が子供に見えないよう手で隠していたのは)子供からも良い母親に見られたかったから」とはっきりした口調で述べた。

 また、起訴前に精神鑑定医から混入が四女の死につながったと聞いた時の心情について、「ショックで食べることも笑うこともどうすることも許されない。生きることも自殺することも許されないと思った」と声を震わせた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?
裁判員裁判:点滴混入事件 京都地裁、裁判員6割の辞退許可 9日間の審理が影響?
裁判員裁判:点滴事件、尋問の応酬続く 争点巡り検察、弁護側 /京都
裁判員裁判:点滴混入傷害致死 「辛うじて助かった」 五女の主治医証言 /京都

中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>鳥写真コンテスト「B−1グランプリ」に待った!(毎日新聞)
<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
[PR]
by d0hyzq6eu3 | 2010-05-19 09:54